日銀 デフレ政策から、次のデフレ政策へ変換

_______
今日のNews 2016/2/24
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●2013年4月に量的・質的金融緩和を導入してほぼ3年が経過する中、日本銀行の黒田東彦総裁は金融市場調節の操作目標としているマネタリーベースに対する考え方を変えたことを示唆した。
 衆院財務金融委員会で黒田総裁は23日、「マネタリーベースの動きと期待インフレ率は相関関係があるという研究もあるし、そうでもないという研究もある」と指摘。「マネタリーベースそのもので直ちに物価、あるいは予想物価上昇率が上がっていくということではなくて、全体としての量的・質的緩和の下で需給ギャップも縮み、予想物価上昇率も上がっていく中で物価が上昇していくことを狙ったものだ」と述べた。
こうした発言は同政策を導入した際に示した楽観的な発言とは対照的だ。総裁は導入直後に行った講演で、「日銀が経済全体に供給する通貨(お金)の総量であるマネタリーベースが、私どもの積極的な金融緩和姿勢を対外的に分かりやすく伝える上で最も適切」と述べた上で、「物価安定目標の早期実現を約束し、次元の違う金融緩和を継続することにより、市場や経済主体の期待を抜本的に転換する」と述べた。
ブルームバーグ 2016年2月23日
__________
視点・考え方
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★このニュースはビッグニュースで、日経なら1面トップに全段ぶち抜きで報じるに値する。

見出しはこうなる。
「黒田日銀総裁、異次元緩和政策が誤りだった」

小見出しは
「マネタリーベースを増やせばインフレになるとの考えは間違いだった。
黒田日銀総裁は23日の衆院財務金融委員会で証言した。
よって、マイナス金利政策に180度転向して、マネタリーベースを減らす政策を始めた。」

「異次元緩和」とは、日本銀行が市中の国債を買い集め、その支払い代金として増やした日銀当座預金に0.1%の利息を付けることで、マネタリーベース即ち発行紙幣総額プラス日銀当座預金残高を増やすものだった。

しかし、通常100兆円程度だったマネタリーベースを350兆円に増やしたのにインフレになるどころかデフレになってしまった。

デフレを解消するために、政策的に何かしなきゃいけないのだが、国債を買おうにも今の購入量が多すぎて買い物が出て来ない。

国債を集めるために仕方なく日銀当座預金をマイナス金利にした。
そうすれば、日銀当座預金額の分だけ銀行は損をするので、すっ高値の国債を日銀に売って売却益を出して、日銀当座貯金の損失と相殺する。

このことは日本経済を衰弱させる。
銀行にはマイナス金利で貸し出しするメリットが無いから、即ちマイナス金利貸し出しは不良債権となるので、貸出額が減少して景気は冷え込む。

貸出を受けた人がものを買えば、金利が低いおかげで本体額と借金の元利返済を合わせた合計支払額が減るので、物の価格が下がるデフレ状態になる。

ええ、異次元緩和策が間違っていたという日銀は、デフレ強化策であるマイナス金利政策に切り替えたのです。

頭の中、覗かせてほしい。