やっと重い腰を上げて、3月に行ってきた屋久島神事の記事を書きます。

 

 

 

【 屋久島神事一日目 】

 

子供の頃もののけ姫をみて以来、ずぅぅっと行きたかった、それでもずぅぅっと行けなかった屋久島今回呼ばれた為、屋久島へ来ました😃😃

 

二泊三日の行程で、これからどんな展開があるかワクワクしながら一日目を過ごしたよ〜

 

屋久杉自然館で知識を入れて屋久島に対する感謝エネルギーを上げ、そして、初めましての人を含め皆んなで、地元の美味しい食材をガッツリ食べ、身体と心の準備をしたよ。 二日目は朝早くから屋久杉ランドへ登山!

 

 

一日目夕方頃から大雨になり、その日の飛行機も船も欠航に。

 

夜には、地元の美味しいイタリアンのお店へ。夫婦で経営している場所だったよ。

他のお客さんも見えず、貸し切り状態でした。

 

ご飯美味かった〜!!

 

ここでマスター達から聞いたように、二日目は、屋久杉ランドのプロコースである太忠岳へ行こう!って思いました!行くかどうかは当日の状況次第ですけどね。

 

 

 

【 屋久島神事二日目 】

 

 

後から遡って考えてみれば、実は初日からその流れの中に乗せられてたんだなぁ、と思うと背筋がまたゾクゾクッと来た。

 

 

二日目は、朝8時に集合して、屋久島ランドへ登った。昨夜から続いて雨。

 

 

行きは順調そのもので、春休みなのに、屋久島入る飛行機は満席だったのに、登山中は人っ子一人見当たらない、人はどこへ行った? という感じ。

 

 

休憩地点の蛇紋杉から分岐して、昨日聞いた話を元にみんなで行こう!ってなって太忠岳道のプロコースへ。

 

 

太忠岳道の行く道はとても険しく舗装されてない普通の山道。雨もザーザーだったから、道もぬかるみ足場はあまり良くなかった。

 

 

1時間くらいは登山して、高さ1200mの天文の森まで登った。そこで、これ以上は時間的にも体力的にもきついからって、皆で決めてそれで下山したんだ。

 

 

そこから、とってもとても、とても神秘的な体験を連続してさせてもらった。その日天文の森から下山した時を境に、三日目の屋久島を出るまでだった。

 

 

内容は全く書けないのだけども (^^;  一言で表現したら、いつも言っている、「過去と現在と未来が同時に存在」していたということ。それを体験しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 屋久島神事三日目 】

 

 

 

三日目は、本当は白谷雲水峡へ登山予定だったんだけど、それもやむなく皆合意の上で、予定を変更。呼ばれるがまま、7人全員で体験した。
言った場所は、三つの滝へ。

 

 

考える暇もなく現れる色々な不思議な事態に皆緊張しっぱなしだったね。

 

 

後から皆の記憶を手繰り、ネットで調べたり、周囲から追って入ってくる追加情報とかも合わせたりして、点と点を線にして、、本当に神秘体験でした

 

 

 

 


屋久島は神の島

 

 


森や空の状態、鬱蒼と茂る苔、ほかの杉の木とは全く違う屋久杉、神秘的なことが今もなお起こり続ける島、、、あまりにも神秘的だったので、会話の中で、昔々は天空に浮いてたんじゃね?説も飛び出しました笑

 

 

ここで起きた体験は、残念ながらネットでは書けないんです。

 

 


もし聴きたい方いたら、イベントなどの質問タイムなどに直接聞いてください。

 

 

 

 

 

余談

 

 


今回のツアーでは、かなりエネルギーを消耗しました。

 

 

屋久島を出た後には一時10%台😅

 

 

でもご飯食べて温泉入って刻印やったら40%まで戻ったけどね。

 

 

後日(帰宅後ね)解析者の方に見てもらったら松果体の奥もすごい疲労してて、下垂体も非常に疲れているエネルギーも滞りが出ているとのこと。

 

 


普段は都内にいるから間脳の部分は大して使わないけど、今回は労働させすぎました。

 

 

どうりでね、、いつものように朝晩の日課をしてる時も、あちこちに違和感があったわけ😅

 

 

自分のことを自分で冷静に客観的に正確に解析するのはなかなか難しいものがありますね

 

 

エネルギーの滞りが出てる身体の部位をほぐして身体を休ませてあげるようにします。

 

 

人のことも大事だけど、まずは自分を大切にしないとね😊

 

 

— 場所: 屋久島