読書アウトプット

ゆうりです

ここでは、わたしが読んだ本の中で、価値ある情報を厳選して書き出します

HBR 2014年11月号
★松本晃 カルビー社長

コミットメント&アカウンタビリティ(約束と結果責任)結果と自由を両立する仕組み作

自分のエネルギーのうち、

今から12ヶ月先のことは20%しかかけない

13〜24ヶ月先に50%を使う

25ヶ月先のことに残り(30%)を使う

リスクを取りチャレンジすべき

ビジネスパーソンが求めるものは、色々な意味の豊かさ、ワクワクする仕事、仕事を通じた個人の成長

自由奔放に好きなことをするが、エシックス(倫理)だけは外さない

人としてやってはならないことはしない

 

感想

 

どこにエネルギーを振り向けるべきか参考になった。

あなたは、誰しもが経営者だ。

経営者というと、会社オーナーや自営業などが思い浮かぶが、

自分自身の将来について責任を負うのは、あなた自身のほかない。

あなたは、あなた自身の経営者なのだ。

自由には責任が付きまとうもの。

会社員であれば責任は会社が負うが、自由は少ない。

独立起業をすれば、時間的金銭的自由は多くなるが、責任は自身が負う。

松本晃カルビー社長が言っているように、人としての倫理は外してはならない。

成功するには、目先の利益を追わず、将来にエネルギーを使い、成功への限られた道を迷わず進むことが必須だ。

また、自身で自身の責任を全て負うことが、あなたの人生をより豊かにする。

【全ては、自分の責任】

(偉そうなことを書いてますが、素直な感想です:) )

*写真はイメージです

-感謝