読書アウトプット

ここでは、読んだ中でも、価値ある情報を厳選して書き出してます。

 

 

2014/11月 Diamondより

•社内政治 部下対応
陽と陰 基本太陽 対面の理 側面の情 背面の恐怖 真剣は慎重に 状況理解 策略策定後は徹底
その後は太陽政策 加害行為は一気にやる 恩恵は小出しに マキャベリ君主論 中央公論新社

 

•社内政治
立場の最も弱い人が自分の昇進の鍵を握る
課長が民意を得られる最後の職位

 

•大人は自分のメリットに加えて、社会全体のメリットも一緒に考えて判断を下す
自身のメリットを捨てて、社会に役立つことを選択した方が、最終的には自分も得をする
と考えられるのが大人

 

•即断即決で莫大な収入と有り余る時間を手にしている人たちというのは、ほぼ例外なく、「大人の論理」で即断即決して結果を出す

 

•それは社会に役立つものでなければ、仮に一時的には儲かったとしても、やがて社会から見放され、儲からなくなるから

 

•そもそも情報が足りないと、何も決めることができない

 

•情報を得るのは、バーター取引
やはり希少な情報、最新の情報は人を介して、直接伝わるのも事実
あなたが他人に対して有用な情報を発信すればするほど、他人からも有用な情報がもらえるようになる

 

•まずはあなたから情報を発信する。有用な情報を発信し続けていると、やがてあなたに、いい情報を知らせたいと思う人たちが集まってくる

 

 

感想

 

仲間や組織を作るにしろ、情報を得るにしろ、まずは人間関係の構築が土台です。

より良質貴重な情報は、人を介してのみ得られる
人間関係=人とのネットワーク、が大事なのは、必然であり、私たちが生きて行く上での自然の摂理とあらためて認識した。当たり前なことではありますけどね。

これからの人間拡張テクノロジーの普及発展時代においては、人との関係性がより一層薄れて行く中で、人と人とのネットワークがより何倍にも重要度が増して来ます。

より良い情報を得るためには、より良い情報を持つコミュニティに所属する必要があります。

それは地域社会だけではなく、地域や国をまたいだコミュニティでありネットワークである。

今後は人のネットワーク化が拡大し、その中でのみ共有される情報が多くでてくる。

貴重な情報にはより多く対価を払ってでも仕入れるようになる。

ますます情報データ社会となり、情報の価値が高くなるだろう。

希少価値の高い情報の価値は、いまや超高級車1台分の値段です。