僕はやはりこの記事を見てから毎日やるようにしています。僕の場合はシャワー浴びながらやっています。なぜならこれやると汗と同時に違うものが毛穴から出てくるので。違うものというのは、汗ではなく体内に溜まっている悪い気体も出てくるので、すぐにシャワーで流すようにしています。

 

「アイソメトリックス」

わかりやすく言うと、「静的筋肉強化法」もっと簡単に言えば、

「筋肉に最低5秒間、最大負荷の80%以上の力を加えると急速に増強される」

最低5秒だけ80%力を加えるだけで筋肉は成長してくぞっていう感じです。

重要なのは最大負荷の80%のチカラで(まぁほぼ全力に近い)5秒間やるって事だけです。これだとキツイ時もあるので、80%もいかないくらいでも効果はあると思います。

 

元記事

 

 

現在では、アイソメトリックス運動法は、「最大筋力の60%の力を7秒間発揮すれば、毎週4%ずつ筋力を増強させることができる」というのが定説となっています。

引用: アイソメトリックス運動法の発見

 

 

 

やり方はこんな感じです。

↑力こぶを作る感じで力を入れる。

↑手と手を重ねて両側から力を入れて押す。

↑手と手を重ねて上下に力を入れて左右で一回ずつ。

↑指を引っ掛けて力を入れて引っ張る。

↑タオルを背後で上下に引っ張る、左右で一回ずつ。

年をとっても ちぢまない まがらない―一日五秒、筋トレで背筋ピシッ! 船瀬俊介(著)より参考にしました。

基本的にはこの五つがメインで毎日やった方がいいと本には書いてありますが、僕は最近では上の二つくらいしかやっていないです。

この二つだけでも筋肉はつきます。(個人差はあると思いますが)

上記の本でこのアイソメトリックスとの出会いは、アメリカの有名なヒッピー雑誌「ホールアース・カタログ」に載っていたと書かれています。

この雑誌は1968年~1974年まで発刊されていた雑誌で、その当時の自然派いわゆるヒッピー達に愛され、愛読者の中にはスティーブ・ジョブズもいました。

もしかしたらスティーブ・ジョブズもアイソメトリックスをやっていたのかも知れません。

1974年に、『Stay hungry, Stay foolish.(ずっと無謀で)』という言葉を裏表紙に飾って廃刊しました。

この言葉を、スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学の講演で学生たちに贈る言葉として紹介したと wikipedia にも書かれています。